スポンサードリンク

低保険

無保険者の増加が日本の皆保険制度の脅威となっていると聞きますが、低保険者の増加がアメリカでは問題になっているといいます。

低保険者は、医療保険に加入しているのに十分な保険給付や必要な医療が受けられない状態にあるといい、その数は急激に増加しているといわれます。その背景には、上昇する保険料と低下する保障内容が存在すると考えられています。

特に低所得世帯と中所得世帯は、不況の影響を大きく受けていて、無理なく加入できる効率的で質の高い医療を受けられる保険制度が求められてるといいます。そのためにはどうすればよいのか、日本がアメリカの医療保険制度に学ぶ点も多いと思われます。

国民皆保険制度を維持するために、もう後がない瀬戸際に立っているといえるのではないでしょうか。
posted by mabou at 11:56 | 健康保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。