スポンサードリンク

介護保険とコスト意識

介護保険になって、それまでの行政措置の福祉サービスよりはコスト意識が高くなっていると思われます。
措置の場合は、サービスを受ける側はお金がかかるわけではないので、コスト意識が芽生えることは期待できません。
また、サービス供給側も行政から決まった金額で委託が来るので、コストを削って安くサービスを提供しようとする意識は育ちにくくなるといえるでしょう。
それに対して、介護保険の場合には被保険者にとってのよりよいサービスを求めることが出来るので、サービスを受ける側のコスト意識を促すことになり、また、サービス供給側もサービス受給者との契約になるため、コスト意識が芽生えて、効率的な運営が期待できるようになると考えられます。
posted by mabou at 05:00 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。