スポンサードリンク

要介護・要支援

介護保険においては、要介護や要支援など、その人の必要な支援や介護の度合いを決める必要が出てきますから、主治医の意見書のほか、介護保険の調査員が家庭を訪れたりして資料を収集して、それらを持ち寄って判定委員会において要支援や要介護度などの決定が行われているということです。
要介護度によって、介護保険で受けられるサービスにも違いが出てくるようですからなるべく正確な判定が介護保険には求められているといえるでしょう。保険の運用の公平性を期すためにも重要なプロセスです。
保険の原則は公平性が大事ですから、できれば実際に介護保険の給付を受ける人を見て、要支援や要介護度などの決定が行われるとなお良いのかも知れません。

posted by mabou at 05:00 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。