スポンサードリンク

介護保険と社会福祉事業法

介護保険のもとでは、社会福祉法人も市町村など行政側から委託料を貰って運営していた介護事業も介護報酬を受け取ることで運営していくこととなり、利用者が少なければ介護保険で支払われる報酬も減少することになります。
したがって、社会福祉事業法の変更によって、利用者を増やしたり、要介護度の高い利用者を集めることで介護保険料から受け取る報酬を増やしていく必要が生じてくると思われます。
社会福祉法人もこれまでのように経営がしっかりしていないといわれるようでは、介護保険のもとでは生き残っていくことが難しくなるかも知れないといわれています。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。