スポンサードリンク

保険の変化

保険商品は顧客のニーズに合わせようと多様化してきましたが、あまりに保険商品が増えすぎて、保険金の不払い問題の一因になっているともいわれるくらいです。
こうした保険の分かりにくさが若い世代の保険離れを生んで、新規の保険契約数が減少しています。
各保険会社はこうした新規保険契約の減少によって、既存の保険契約者の継続率を上げようと、保険契約者に対するアフターサービスの充実に力を入れているといいます。
また、保険の月々の保険料が家計の圧迫になってきていることも事実で、特に不況の今は保険料の節約に走る家庭が多いようです。
そこで各社ともより保険料が安くて済むよう顧客の要求に沿った保険商品の開発に必死のようです。


posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。