スポンサードリンク

生命保険会社の高コスト

生命保険会社は製品を製造して売るわけでなく、紙と鉛筆があれば商売できると思っていたので、コストが意外とかかっていることに驚きました。
保険金支払いに対する運用費は3割ほどもかかるそうで、保険会社の高コスト体質が問題といわれています。
逆に、保険会社の高コスト体質が保険料を押し上げていて、ネット生保などの安い保険料が消費者に魅力的に映っているのかもしれません。
保険はマイホームに次ぐ高額な買い物だそうですから、低コストで安い保険料の保険商品開発をお願いしたいものです。
posted by mabou at 13:48 | 生命保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。