スポンサードリンク

医療改革

アメリカではオバマ政権がクリントン政権のなし得なかった医療改革を掲げていますが、医療改革法案の成立は難しいといわれます。
先進国の中で国民皆保険の制度がなく、高齢者や貧困層向けの公的な医療保険制度はあるものの、国民のおおよそ2割の方々が健康保険に加入していないといいます。
こうした無保険層に保険加入をさせるためには保険料や税金の形で所得の高い層に負担を強いることになり、今の経済不況の状況では理解を得る事は困難と考えられています。
国民皆保険は所得の高い層の保険料や税負担なしには成り立たないということでしょうか。そこがアメリカ人の伝統的な社会保障制度と融和しないといわれます。


posted by mabou at 18:14 | アメリカの医療保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。