スポンサードリンク

後期高齢者医療制度の改定

現在、75歳以上の高齢者が加入する後期高齢者医療制度の改定が検討されているそうです。
例えば、65歳以上の高齢者が国民健康保険に加入するとした場合は公費負担が莫大な金額になるそうで、はたして財政的に可能なのかと思ってしまいます。
後期高齢者医療制度の改定をどうするかは健康保険の頭の痛い問題のひとつなのでしょう。財政的な制約がある中で広く薄く負担を求めることで増え続ける高齢者の健康保険制度を維持することが課題になりそうです。超高齢化社会がやってきて現役世代が減少する中、どういった負担をどういうふうに背負っていくのがよいのか大きな課題でしょう。
posted by mabou at 20:33 | 健康保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。