スポンサードリンク

医療保険改革法案可決

お金のある人が医療も商品と同じように、よりよい医療を受ける自由があるとして国民皆保険制度がなかったアメリカで医療保険改革法案が可決され、歴史的な福祉制度の改革といわれています。
社会保障制度の導入や高齢者向けの公的な保険の創設に匹敵する出来事としてアメリカでは捉えられているようで、貧困層の医療救済で社会的な弱者が健全な医療を受ける権利の確立に向けて第一歩が記されたといえるでしょう。人口の15%を超える無保険者の保険加入が進むことが期待されています。
ただし、財政的な負担をどうするかは大きな課題で、今後の議論の行方を見守る必要がありそうです。
posted by mabou at 23:15 | 健康保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。