スポンサードリンク

後期高齢者医療保険と自治体

後期高齢者医療保険料は各自治体によって違いがあり、一番高い保険料をとるのは東京都になっているそうです。少子高齢化ということで高齢者が増えれば医療費も増加する傾向があり、保険料の引き上げは止むを得ないともいえますが、不況の時代に家計にはやさしいとはいえません。
保険料に税金を投入するという案もあるようで、高騰する保険料は悩ましいところでしょう。
なんとか負担が少なくてすむようメタボ健診などを活用して生活習慣病など予防できる病気は予防に主眼をおいて病気での受診を減らす努力もひとつの保険料減らしの方法かなと思います。企業の健保組合などは盛んに健診で病気の早期発見早期治療あるいは予防に力を入れて医療費の抑制をしないと健康保険の赤字がさらに膨れ上がるという危機感を持っているようです。
posted by mabou at 07:44 | 健康保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。