スポンサードリンク

介護保険と財源

介護保険は少子高齢化社会にあって一定の評価は受けているようですが、このまま継続して介護保険のサービスが提供できるかというと自治体側は疑問を感じているようです。
まずは介護保険料の値上げのみでは財源として不十分なようで、将来は消費税率アップなどで財源を確保するしかなくなるだろうと考えられているようです。介護保険制度はどこの国でもやっているわけではなく、お手本になる国もそんなにないようですから日本独自の工夫も必要になるようです。
税金の投入に異論は少ないようですが、介護保険のサービス利用者は当面増え続けるでしょうから財源の確保が必至です。
posted by mabou at 15:16 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。