スポンサードリンク

老人ホームと介護保険

老人ホームは大きく分けて住宅型と介護付きがあるそうで、住宅型の場合には介護保険を利用して訪問介護など介護サービスを受けることで必要なサービスを選んで老人ホームからサービスを受ければよいことになります。
しかし、一方では必要なサービスが増えて介護保険の利用限度額を超えてくると超過分は自己負担となってくるので、サービス利用が増えると自己負担分が大きくなってきます。
介護付きなら入居一時金や月額利用料が高めになるものの要介護度に応じてサービス利用料が決まっているため利用料が変わりません。
こうした双方のメリットを組み合わせて利用できる施設もあるようですから、自己負担が少なくなるように検討するとよいようです。
posted by mabou at 07:35 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。