スポンサードリンク

年金型生命保険

保険契約者が死亡して受取人が一定期間、死亡保険金を年金として分割して受け取る場合に所得税と相続税の二重課税が行われている問題で、生命保険各社は年金の支払い時に所得税を自動的に源泉徴収するシステムを利用していて、システム変更の費用が生命保険会社にかかってくると思われます。
また、すでに納税した所得税が返還される予定で、生命保険各社にはやはり事務費用負担がかかってくると思われます。
一方では生命保険会社にとっては年金型の生命保険商品が販売増となることが期待されますが、国税当局にもこうした事務負担を求める動きが生命保険会社側から出てくるかもしれません。
posted by mabou at 00:11 | 生命保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。