スポンサードリンク

生命保険と必要保障額

自分が一体どのくらいの死亡保険金を必要としているのか、なかなか分からないと思いますが、一応一家の働き手が死亡した後の収入と支出を検討して不足する金額を生命保険で用意しておけば、一応の安心が得られるでしょう。
死亡後の遺族年金や死亡退職金、あるいは配偶者が働いていたらその給料など見込める収入を支出から差し引いて必要な保障額を割り出し、生命保険で備えるべき死亡保険金額の目安にできるといわれています。大黒柱に何かあったときに生活保障ができるように備えておくのも生命保険の役割といえるでしょう。
また、子供が独立したり、マイホームを購入したり、いろんなイベントによって必要な保障額が変わってくるため保険の見直しも必要となるでしょう。
posted by mabou at 22:40 | 生命保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。