スポンサードリンク

介護保険と在宅介護

高齢者が増加すれば介護が必要になる方も増えて、在宅で介護していくのに介護保険を使ってヘルパーサービスを利用したりデイサービスを利用したりする方も増えるわけですが、夜間のトイレの世話などは家族の負担となっていることも多く、夜間のトイレの世話が在宅介護を続けていけるかどうかの分かれ目になるといわれます。
認知症状が見られたりするとさらに介護者の負担は増えるでしょうから介護保険でできるところは頼むようにして介護者の負担を減らすように工夫していかないと在宅介護は難しいように見えます。
posted by mabou at 09:49 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。