スポンサードリンク

短期入所生活介護

高齢者介護において介護者の負担軽減は重要で、デイサービスやショートステイ(短期入所生活介護)は大事なサービスといえます。
介護保険のなかで要介護度に応じた1割の負担と食費や滞在費がかかるといいますが、要支援や要介護の方なら食事や入浴など日常生活の世話をしてもらえ、利用日数は要介護度に応じて決められていて連続使用は30日が限度となっています。
病気などで在宅看護にあたっている家族が高齢者の介護ができなくなった際に施設で預かってもらえるのは有難いサービスといえるでしょう。
多くのケースで週に数回はデイサービスを利用して月に1回はショートステイを利用するようで、介護保険制度が始まってこうしたサービス利用者が増えています。
posted by mabou at 23:15 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。