スポンサードリンク

イギリスの年金制度

イギリスでは財政上の理由もあるのでしょうが、高齢者の増加に対応して定年制が廃止となる見込みで、年金支給の開始年齢も引き上げられることとなるそうです。
65歳での定年がなくなることで、年金支給開始年齢も引き上げられるのはイギリスでも日本でも同じような方向に進んでいるということなのでしょう。
結局、年金保険制度の財政は悪化しており、年金保険制度の存続のためには定年を引き上げて働く高齢者が増えていかないとならないという事情があるように見えます。
posted by mabou at 19:44 | 年金保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。