スポンサードリンク

アメリカの医療保険

アメリカの医療保険は日本のような国民皆保険制度がまだないため、保険会社が高い保険料を取って運営しているとの批判もあるようです。
実際に保険会社が医療行為のガイドラインを決める側面もあって、治療するたびに医療費が発生する日本と違うため医療行為を減らしたり画一化したりして患者数を増やす方が医療者側にプラスになる面もあるといいます。保険会社による医療のコントロールが行われる側面もあるようです。
こうしたアメリカの医療のマイナス面も知っておくことがアメリカ国内で治療を受ける際には必要でしょう。公的な医療保険があるというのは健康保険ではメリットと考えるべきなのでしょう。
posted by mabou at 00:33 | 健康保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。