スポンサードリンク

HIV感染防御薬

HIVはエイズのウイルスとして知られていますが、これまでは医療機関側が針刺し事故などで感染防御をしようとすると労災保険は使えなかったため、HIV感染者の診療を断る場合もあったのではないかといわれています。
今後は労災保険が使えるためHIV感染者の診療受け入れ医療機関が増えることが期待されています。こんなところにも保険が役立っているわけです。


posted by mabou at 22:58 | 労働者災害補償保険(労災保険 )

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。