スポンサードリンク

雇用保険の給付金

定年後の生活保障には年金がまず頭に浮かぶでしょうが、意外なところで雇用保険の給付金があります。
例えば高年齢雇用継続給付では、60歳以上65歳未満で、雇用保険の加入期間が5年以上あって、60歳になった時の賃金の4分の3に満たない場合に雇用保険の給付金が支給されるといいます。
60歳以降も仕事をしていると厚生年金が給料に応じて減額され、さらに高年齢雇用継続給付を支給されているとさらに厚生年金は減額されるといいます。もちろん受け取る総額は雇用保険の給付金をもらった方が多くなるので厚生年金の減額は仕方ないことかもしれませんが。


posted by mabou at 00:19 | 雇用保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。