スポンサードリンク

介護保険制度の改正迫る

2年後には介護保険制度の改正があり、利用者の負担増で保険料の値上げを抑えようとしているようです。保険財政の公費負担増については財源確保が難しいということで、結局は高所得者の負担割合を引き上げるという意見が出ています。
いずれにしても介護保険サービスの利用を抑制する方向になる可能性があり、これから団塊世代の高齢化に対応していけるかどうかは不安が残ります。今後も介護保険サービスの利用者が増加することが予想されるなか、介護保険制度の財源はどうするべきかが今後も問題として残りそうです。
一時言われていた消費税を介護保険など社会保障費用の財源にするという案はいつのまにか影が薄くなってしまったようです。
posted by mabou at 10:09 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。