スポンサードリンク

改正雇用保険法

今年の四月には改正雇用保険法が施行され、31日以上の雇用が見込まれて、週に20時間以上の労働が見込まれれば、会社は雇用保険法に加入させる義務があるとされていますが、従業員を雇用保険に加入させていないところがあるといいます。
会社側にとっては、保険料負担が経済的に厳しいのかも知れませんが、従業員側にとっては失業保険がもらえないケースが出てくる可能性もあるそうで、生活にかかってくる問題といえそうです。
不況もあって企業の経営環境は厳しさをますでしょうから、雇用保険の未加入問題は今後も続くと思われます。
非正規雇用といわれる雇用形態が増えている昨今、労働者側が雇用保険の加入の有無もチェックする必要があるということでしょう。


posted by mabou at 21:34 | 雇用保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。