スポンサードリンク

医療保険改革の行方

アメリカでは医療保険改革がオバマ政権によってすすめられていますが、連邦議会は医療保険に加入しない場合の罰金が憲法違反に当たるとの判断を示したそうです。
すなわち個人が医療保険を選ぶ自由を侵害しているということでしょうか?
確かに医療保険に加入するかどうかは個人の自由という風潮がアメリカでは強いようで、強制的に保険に加入させることができるかどうかは今のところ不透明のようです。
しかし健康保険に加入できない割合が多いことは問題とも言われ続けてきたアメリカで、国民皆保険が可能かどうかは実際のところやってみなければわからないのかも知れません。個人的には国民皆保険は難しいのではないかと思いますが医療保険改革が進むことを期待していますが、アメリカでは簡単にはいかないようです。


posted by mabou at 23:08 | アメリカの医療保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。