スポンサードリンク

医療保険改革法案の成立

アメリカでは国民皆保険を実現すべくオバマ政権が医療保険改革法案の成立を目指していますが、共和党は廃案を目指して対決姿勢を強めているようです。
アメリカ人は独立心が強いという伝統があるようで、自分のことは自分でするという感じなのでしょうか。
保険料を払うことなど自分の生活保障は自分ですべきという自主独立の伝統が国民皆保険の妨げになっているところもあるように見えます。
しかし、保険料を払えない、あるいは払わない場合には病気やけがなどで医療機関で治療が受けられないとしたら問題ではあるでしょう。健康な生活を送るために、健康保険はどうすればよいのか、アメリカの医療保険改革の行方が気になります。
アメリカでは国民皆保険には反対も多いようでどうなるかわかりませんが、思い返せば民主党はクリントン国務長官の夫が大統領であった頃に国民皆保険を目指したものの頓挫した経験を生かせるのか注目されます。
もちろん日本でも保険の財源が問題になっているようにアメリカでもどうなるか注目です。


posted by mabou at 17:21 | アメリカの医療保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。