スポンサードリンク

保険料の算定

保険加入に際しては保険料を支払ってその代わりに事故の発生時には保険金の支払いを受けられます。保険料は支払い保険金に当たる部分に相当する純保険料と保険会社の運営コストや利益を含んだ部分に相当する付加保険料とから構成されています。
純保険料は死亡保険金などの支払い保険金に当たる部分と満期保険金の支払いに当たる部分の合計になります。これは保険事故の発生率を予測して算出されます。事故の発生率が高ければ当然純保険料も高くなります。
付加保険料は営業費や代理店手数料などのコストと利益とからなります。したがってコスト削減によって付加保険料を安くすることができるわけです。これが近年発展してきた保険の通販において保険料を安く設定できる強みになっているといえます。


posted by mabou at 05:47 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。