スポンサードリンク

人生設計と保険

自分の人生を考える際に、一人の場合は自分のお葬式代が出るくらいの保険に加入しておけば事足りるかもしれませんが、家族がいるとそうはいかないでしょう。
稼ぎ手に病気や事故が起きると、残された家族は経済的に困ることになりかねません。
そこで、死亡保険をはじめとした生命保険や、入院費用の足しになるように入院保険に加入することになるわけです。
かといってたくさん保険に入ればいいというわけでもないので、平均的な家族がどのくらいの死亡保障の保険に入っているか調べておく必要があるでしょう。
また、子供が独立したり、マイホームを購入したりすれば、保障の見直しが必要になると思われます。
例えば、マイホーム購入にはほとんどの方が住宅ローンを利用すると思いますが、団体信用生命保険に加入しないとローンがおりないといいますから、マイホーム購入は同時に保険加入ということにもなっているわけです。
子供が独立すれば、保険も保障額を小さくしてかまわないでしょう。
人生の節目、節目で保険の見直しができるとよいでしょう。
保険料は毎月引き落としで気にしていない方も多いと思いますが、しっかり引き落とされています。その時々に必要な保障はいくらくらいなのかを適宜見直して保険料の節約をすべきなのでしょう。


posted by mabou at 10:20 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。