スポンサードリンク

平準保険料

生命保険で死亡表(生命表)をもとに年齢別にその保険料を計算しますと一年毎に保険料と保険金がバランスが取れるようにいわゆる自然保険料が計算されるわけですが、当然加齢と共に死亡率は上昇し、自然保険料は高くなっていきます。加齢による高額な保険料が保険加入のネックになるのを避けるために、生命保険においては一定期間における総保険料をその期間内で平均化して計算することで平準保険料を出して使用しています。平準保険料を使うと若い時は自然保険料よりも多い保険料を前もって払うことになりその部分を保険会社としては運用資金に回すことができます。もちろん加齢後は逆に自然保険料よりも保険料は少なくてすみます。したがって長期間加入が生命保険の原則で中途解約は平準保険料のことを考えてもお得な選択とはいえないようです。
posted by mabou at 13:48 | 生命保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。