スポンサードリンク

保険契約者保護機構

1998年12月の保険業法改正によって生命保険契約者保護機構と損害保険契約者保護機構が設立されて生命保険会社と損害保険会社に加入が義務付けられました。これによって経営破綻した保険会社を引き継ぐ救済保険会社が現れないような場合でもその保険会社の契約を保険契約者保護機構が引き継ぐことで保険契約者を保護することとなりました。
ただし保障されるのは責任準備金の90%までということですべての生命保険が全額保護されるわけではないということです。また生命保険会社の経営破綻後一定期間内の解約は早期解約控除といって通常の解約よりも返戻金が削減されてしまうため、特に影響が大きい終身保険、養老保険、年金保険などの貯蓄性の高い保険はできれば経営破綻の前に解約したほうが良いと考えられます。積み立て型の保険に比べれば掛け捨て型の定期保険などは影響は少なく急いで保険を解約する必要はないということです。


posted by mabou at 04:59 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。