スポンサードリンク

自家保険

多くの工場を持つような大メーカーや多くの車両を持つ大運送会社などが自社内で保険料相当額を積み立てて事故の場合の保障にあてることがあり、これを自家保険と呼んでいます。ただ保険と名はついていますが本質は貯蓄の一類型にあたるということで保険とはまったく異なります。近年大手メーカーなど企業グループがキャプティブと呼ばれる保険専門会社を設立してグループ内企業のリスクを引き受けることがあり、形式上多くのグループ内企業があってリスク集団を形成して保険の形はとっていますが実態は自家保険の一種と考えられます。やはり保険には大数の法則に原則が示されているように広い範囲にわたる保険集団が必要とされるのでしょう。


posted by mabou at 07:46 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。