スポンサードリンク

保険の契約者貸付制度

積立保険における満期返戻金と契約者配当金は保険期間終了まで支払われませんが保険契約者が保険期間の途中で資金が必要になった場合にはすぐに保険を解約しなくてもいいように積立保険料を担保にして一定限度額まで保険会社が保険契約者に資金を貸し付ける制度があり契約者貸付制度とよばれています。保険契約者にとっては保険を解約することなく必要な資金の調達ができて使途の制限もなく便利と言えます。貸付金利は市中金利に応じて変動するということで今は低金利なので他の金融機関に借りるよりは借りやすし、お得といえるかもしれません。
この制度を利用できるのは養老保険、定期付き養老保険、終身保険、こども保険など積み立て型で解約返戻金が貯まるタイプの保険で、積立金の範囲内(8〜9割)はいつでも自由に借りることができて窓口に保険証券と保険契約時に使った印鑑、印鑑証明などを持っていくと現金で受け取れますし保険会社によっては電話やネットを使って口座振込みの依頼も可能になっています。貸付金利によっては個人事業などの資金繰りにも利用できるかもしれませんので保険会社なり代理店などにお問い合わせください。


posted by mabou at 08:38 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。