スポンサードリンク

保険と貯蓄

保険と同じく貯蓄も将来の不測の事態に対して備えるという目的は同じかも知れません。しかし貯蓄は事故発生時以外でも原則的にいつでも自由に使えるのに対して、保険金の支払いは事故発生時のみに限られています。また貯蓄が貯めた元金に利息を加えた額しか使えないのに対して保険の場合は保険契約と同時に一定の保険金額に相当する大きな金額の保障が得られます。保険金の金額を貯蓄で貯めようとしたらとても長期にわたって貯める必要があり、保険金額によってはほとんど不可能ともいえ、リスク対応の手段としては保険の方がより優れた手段になるといえます。したがって保険でもしもの時の大きなリスクの発生に備え、現実的には貯蓄で備えていくというかたちをとるのがいいでしょう。


posted by mabou at 19:44 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。