スポンサードリンク

社会保障と消費税

少子高齢化が進んだ日本では、社会保障費の増加が心配されており、今後の財源として消費税の値上げが検討されています。現行の消費税は5%ですが、これを10〜17%に上げないと社会保障の財源としては不足することになると考えられているようです。
今のように現役世代が引退世代を支える形の年金制度では、少子化が進むなか行き詰ってくるのは明白で、早急に年金制度の改革が必要といわれていますが、旧社会保険庁の不祥事などもあり議論はなかなか進まないようです。
社会保障制度の変換は少子高齢化が進展するなかで早急に執り行っていくべき重要課題といえます。年金や高齢者医療、介護など保険とも関連の深い分野の今後を考えることが急務といえます。
健康保険にしろ年金保険にしろ制度の存続自体が困難な時代に突入しているようです。


posted by mabou at 22:00 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。