スポンサードリンク

専業主婦の国民年金切り替えについて

第3号被保険者である専業主婦は、資格を失うと国民年金への切り替えが必要で、忘れているために年金が減ったりしていることから、救済策で年金が減らないようにしようとしたら、きちんと年金保険の切り替えをした人から見ると不公平感が出るということで、保険料を納めていない期間はカラ期間にして年金額は増えないよう変更するということになったようです。
しかし、すでに救済が始まって年金を支給してしまった人から返納を求めるのも困難だということで、政府の対応はドタバタ劇の感をぬぐえません。
一方では、そのまま第3号被保険者の資格を失っても年金はそのままになっているケースも結構あるようで、一体この第3号被保険者の制度はどうなっているのでしょうか。


posted by mabou at 13:06 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。