スポンサードリンク

地震とリスク管理

関東東北沖の大地震が起きて、リスク管理の重要性が改めてクローズアップされた感じがします。
大津波に対する備えやその後に起きる火災に対する備えや、さらには原子力発電所で起きた爆発、放射能漏れや、いろんなリスクがあってどういったリスク管理が必要なのか、見直しを進める必要もあるでしょう。
原発のトラブルは続いており、会社側の説明を聞いてもリスク管理が万全だという印象は得られません。生活保障という意味で原子力の専門家だけでなくリスク管理の専門家の養成も重要なのでしょう。
事故が起きて後は保険が生活保障になるのでしょうが、事故がおきないようなリスク管理者の養成も大切な生活保障となることでしょう。日本ではリスク管理という点でアメリカなど諸外国にまだまだ学ぶべき点がたくさんあるような気がします。


posted by mabou at 07:38 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。