スポンサードリンク

保険金にかかる税金

保険金にかかる税金を調べてみますと一時所得扱いになったり、相続税・贈与税がかかったりあるいは非課税になったりと結構複雑です。
満期保険金や返戻金の場合、契約者(保険料負担者)と受取人が同じ人の場合は一時所得扱いで満期時の受取額から払い込み保険料総額プラス50万円を引いて残った額の1/2が総合課税の課税対象になります。
死亡保険金の場合、死亡した被保険者と契約者が同じで保険金受取人が妻や子供の場合は相続税がかかります。保険金のうち法定相続人の数に500万円をかけた金額を越える部分に相続税がかかってきます。
被保険者と受取人が同じで契約者が異なる場合あるいは被保険者、受取人、契約者がすべて異なる場合は保険金に贈与税がかかり110万円を超える部分に対して課税されます。贈与税はかなり税率が高いのでなるべくこのパターンは避けたほうが賢明です。
入院給付金、手術保険金、通院保険金、高度障害保険金、介護給付金などは非課税になっているということでちょっと安心しました。なるべく必要のない税金は払わずに済んだほうが有難いですね。


posted by mabou at 06:45 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。