スポンサードリンク

生命保険の失効と復活

例えば銀行口座の残高が足りなくて生命保険料の引き落としができない場合一定の猶予の期間が過ぎても保険料の支払いができないと保険契約は無効になりこれを失効といいます。もしその保険に解約返戻金がある場合は自動的にそれが保険料に充当されるため、その解約返戻金がなくなった時点で保険契約は無効となって失効することになります。
ただし一旦失効した生命保険契約でも失効後3年以内に保険料支払いのなかった空白期間の保険料と利息の支払いなどの手続きをすることにより保険契約の復活も可能ということですから一応頭に入れておいて失効から3年間は保険契約を復活すべきかせざるべきかの考慮に充てることも可能です。もちろん勧められる方法ではありませんので口座残高には注意してください。
posted by mabou at 13:48 | 生命保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。