スポンサードリンク

社会保険と民間保険

広い意味での社会保険は医療保険、年金保険、介護保険それに労働保険から構成されていてさらに労働保険には雇用保険と労災保険があります。
社会保険の保険者は国家または地方公共団体であって加入者は法律によって保険加入を強制されています。一方、生命保険や損害保険などの私保険である民間保険では、保険者は株式会社や相互会社などになり保険の加入は任意です。
社会保険の保険料はリスクの高い低いに関わらず所得の高い人は所得の低い人より多くの保険料を負担し、また加入者以外に国や事業主もその保険料の一部を負担します。民間保険においては保険料はリスクの高い人がリスクの低い人よりも多くの保険料を負担し原則として加入者が保険料を負担します。所得の高低は保険料に反映はされていません。


posted by mabou at 00:44 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。