スポンサードリンク

生命保険外務員

戦後の高度経済成長期に特に女性の保険外務員が保険商品の販売員としてたくさん採用されて保険契約を集めに集めたわけなのですが、保険外務員は生命保険会社と保険契約者の間の仲介をするだけで権限らしい権限はなく、もしも保険外務員の言うことに従って生命保険会社の書類を作成してその結果現在の健康状態や過去の病歴などに虚偽の記載をしてしまった場合は保険外務員には告知を受ける権限はなく保険外務員に告知をしてもそれは保険会社に告知をしたことにはなりませんから告知義務違反になってしまいます。これは保険加入時に注意しなければならない点です。
また保険外務員の多くは歩合制で保険会社と契約していますから基本給が少なく、保険料の低い掛け捨て型の保険よりも保険料の高い貯蓄型の保険や大型保障の定期付き養老保険などを保険加入に際して勧める傾向がありますからよく検討せずに保険外務員に勧められるまま保険を選択しないように注意が必要です。あくまでも保険は保障が第一目的ですから基本は掛け捨て型になります。保険料が惜しいなんて言わないでくださいね。


posted by mabou at 13:48 | 生命保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。