スポンサードリンク

保険会社での投資信託の販売

金融ビッグバンとそれに続く一連の改革、規制緩和の中で保険会社本体の業務範囲も拡大されました。そのうちでも最大のものは投資信託商品の販売業務があげられます。1998年12月より銀行での投資信託の販売が始まりましたが、保険会社や代理店による投資信託の販売も同時期に可能になっていまして投資信託以外にもデリバティブ(金融派生商品)やABS(資産担保証券)などの取り扱いも可能になっています。
今後ますます銀行、信託銀行、証券会社、保険会社など金融系の会社の垣根は低くなり業務の共通部分が増えていくと予想されます。すなわち保険会社にとっては競争は激化しそれが消費者であるわれわれの利便性を高めてくれることを期待しています。


posted by mabou at 08:54 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。