スポンサードリンク

保険契約における利得禁止の原則

保険制度における偶然の事故による損失の埋め合わせはその事故に伴う経済的損失の範囲内に限られ、特に損害保険では保険は現状を回復するためのもので保険契約者は保険金によって利益を得るものではありません。
もしも利益を得られるとすると保険事故を故意におこすような犯罪を誘発して保険運営の基本である大数の法則も働かなくなってしまいます。したがって宝くじやギャンブルとはちがって保険契約における利得の禁止が大事なことになるわけです。
あくまでもリスクをみんなで分け合って分担するという保険の基礎的な考え方を尊重する必要があるのです。


posted by mabou at 08:54 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。