スポンサードリンク

年金と社会保障

年金と社会保障制度の改革は段階的に進められる予定で、まずは共済と厚生年金の一元化が図られるといいます。職種によって異なる年金制度を一元化し、社会保障制度を改革して低年金や無年金者をなくすようにするという大変な改革ですが、今後の社会保障制度の充実を目指すには必要な改革なのでしょう。
問題は今の政府にやり遂げられるのかということですが、旧社会保険庁の不祥事もあって年金離れが進んでいるともいわれますから日本年金機構には信頼回復を希望したいところです。
こうした公的年金制度の改革が進めば民間生命保険会社の年金保険などの加入者も減少するかもしれませんから生命保険会社なども注目しているのではないでしょうか。
すでに東日本大震災後の保険金支払いが巨額に上ることが確実で生命保険や損害保険会社の格付けは下がっており、今後の経営努力も重要でしょう。


posted by mabou at 11:49 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。