スポンサードリンク

東日本大地震と保険会社の合併

東日本大地震では津波の被害も大きく、地震保険の保険金支払いは今までにない巨額に上ることが確実で、損害保険会社の業績にも影響は大きく、合併して子会社化するなどのコスト削減で生き残りを図る損害保険会社も出てきています。
巨額の保険金支払いに積立金を使う必要があり、今後の積立金への支出ももちろん必要で経営のスリム化が急務ということなのかも知れません。保険会社としては災害時の積立金があるので心配ないとしているようですが、損害保険会社の統合合理化がさらに進むかも知れません。


posted by mabou at 23:07 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。