スポンサードリンク

がん患者リハビリテーション料

がん患者が手術後に肺炎など合併症にかかるのを予防するリハビリにも保険が効くことになり、呼吸訓練や歩行訓練などがん患者が手術後に合併症を予防するリハビリの重要性が再認識されているようです。
積極的にリハビリを進めることで合併症は減少するようで、健康保険においては全体の医療費の削減に役立つと思われますから重要な治療と考えられます。健康保険の台所はどこの健康保険組合も火の車のようで、医療費の増加を食い止めるためにできることをやっておく必要があるようです。
病院側には保険で点数が取れることで積極的にリハビリを進めるきっかけになることが期待されます。
国民皆保険という大前提を維持するために医療費の増加に歯止めをつけることは避けられないことと思われますから保険で点数が取れるようになる意味は大きいでしょう。


posted by mabou at 21:42 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。