スポンサードリンク

再保険会社の業績悪化?

東日本大震災では、地震、津波、さらには福島第一原発からの放射能漏れによる避難など多くの被害が出ていますが、保険会社が支払う保険金額も尋常ではない巨額になるといいます。平時には保険料が定期的に入ってきて保険会社の業績も安定するのでしょうが、非常時にはそうはいかないのかもしれません。
生命保険最大手の日本生命が1社で支払う保険金は、阪神大震災で生命保険会社全体で支払った保険金総額を上回る金額になるだろうといわれています。
そうなると保険会社の業績に影響が出るだけでなく、保険会社の保険を引き受ける再保険会社にも巨額の損失が出ることになり世界的に保険業界に影響することになります。
保険とは生活保障に必要ではあるのでしょうが、天変地異などの突発的な惨事も未曾有の規模となると保険会社自体が負担しきれない保険金の額になる可能性もあるということなのでしょう。今回の地震では保険会社は地震など天変地異の際には支払われない保険でも保険金を特例として支払いを行うということです。


posted by mabou at 18:29 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。