スポンサードリンク

簡易保険

郵便局の簡易生命保険(簡易保険)は実際には民間の生命保険と同じように任意に加入して保険金などももらえて生命保険会社の代わりに郵便局で手続きをするだけの違いになりますが、簡易保険は保険業法でいうところの生命保険ではなく簡易生命保険法に基づいてもともとは国営の生命保険事業として始まり、民間の生命保険がお金持ち向けであったのに対していわゆる庶民向けに始まった保険で当時の社会保険制度の不備を補足する形であったそうです。
今後郵便局が民営化されると簡易保険は歴史的なその存在意義を失うことになる危険があると思いますがどうなのでしょうか。


posted by mabou at 08:54 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。