スポンサードリンク

震災と失業保険

今回の東日本大震災では地震、津波に加えて震災後の福島第一原発の放射能漏れ事故と電力不足、計画停電によって多くの事業所が被害を受けており、事業再開に時間がかかっていると思われますが、事業の再開を諦めた所もあり、従業員は生活資金にも困っていると思われます。
雇用保険に半年以上加入していれば、特例で失業状態と認定されれば失業保険の給付が受けられるようなので、最寄のハローワークに問い合わせるとよいでしょう。勤務先からの給料の支払いもなく困った場合はやはりハローワークに問い合わせるとよいでしょう。
勤務先の会社が震災被害を受けて失業給付に必要な書類が準備できない場合でもハローワークに問合せてみましょう。特例で失業保険の給付が受けられる場合もあるようで当面の生活保障の一助になるかもしれません。
ともかく生活していく当座の資金の必要がありますから利用できるものは失業保険でも何でも利用して生活していくしかないのでしょう。


posted by mabou at 21:50 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。