スポンサードリンク

東日本大震災と地震保険

地震保険は阪神大震災の発生で注目された保険ですが、今回の東日本大震災での保険金支払いはすでに阪神大震災の際の2倍以上の保険金が支払われているそうで、火災保険とセットでの加入が必要だとか支払い限度額があるなど制限はありながらも加入者が増加していると思われます。
保険会社でも地震保険の普及を図っているようで、今後も火災保険ならびに地震保険の加入者は増加していくのではないでしょうか。
それにしてもこれだけ広域の被害では保険会社の支払い能力を超えているのではないかと心配になりますが、保険には再保険制度があり、国の後ろ盾があるからこそ地震保険が普及できるということのようです。
ただし地震保険は火災保険への加入が必要で、保険金額も火災保険の保険金の3割から5割に抑えられているため金額的には限界があり地震保険に入っていれば建物の再建ができるというわけではありません。
それでも地震や噴火、津波などの自然災害では火災保険だけでは保険が下りないことがあり、地震保険は官民一体の保険といえ加入しておくことが望まれます。
posted by mabou at 07:34 | その他の保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。