スポンサードリンク

地震保険の国の負担増

東日本大震災における地震保険の保険金の支払いはすでに阪神淡路大震災時の地震保険の保険金支払いを超えたようで、今後も保険金支払いは増えるでしょうから損害保険会社の経営を圧迫する可能性もあり、今後は国の負担増が検討されているそうです。
地震保険には再保険制度があって、一定金額を超えると国の負担が増えて保険会社の負担を減らすようになっているそうですが、保険金の円滑な支払いのためには、さらに国の負担金額を増やす必要があるようです。
それだけ今回の地震や津波の被害は大きかったわけで、損害保険会社だけでは保険金の支払いが難しくなると思われ、再保険を引き受ける形で国が負担する必要があるのでしょう。地震と言う天災に備えるのも保険の役割のひとつなのでしょう。


posted by mabou at 19:57 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。