スポンサードリンク

国民年金保険料の納付率低下

国民年金保険料の納付率低下は以前から指摘されていますが、その流れは止まっていないようです。
会社を解雇される人が増加して、厚生年金から国民年金に変わったところが、国民年金保険料支払いが苦しくなったりしたケースが増えていると考えられていますが、年金保険料を支払っても将来的に年金の受け取りが支払った年金保険料に見合わないという思いもあるのかもしれません。
前から言われていることですが、保険料の納付率が低下を続けると年金制度自体が崩壊する可能性もあると思われ、公的年金についても社会保障改革のなかで進められるべきなのでしょう。


posted by mabou at 22:35 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。