スポンサードリンク

被災者の健康保険

東日本大震災で大きな被害を受けた被災者や、福島第一原発の放射能漏れ事故による避難生活者などには、健康保険での治療を受ける際に自己負担金の猶予が認められているといいます。
自己負担金に対する公的援助が受けられるため、健康保険証なしでも医療機関を受診する際にはお尋ねになるとよいでしょう。実際問題、津波で自宅が流されたり、着の身着のまま避難した場合には保険証の持ち出しも困難でしょう。
避難生活で健康を害する方も少なくないようで、保険証を持っていない場合でも早めの医療機関での相談がおすすめです。


posted by mabou at 23:17 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。